ホルモンとフェロモンって聞こえは似てるけど別物!

 

ホルモンもフェロモンも似たような意味で遣われる事が多いです。

 

両者は、ごくごくわずかな量で大きな役割を果たす面では似ていますが、性質には違いがあります。

 

ホルモンは、人間や動物の体内で生成や分泌されて、各体の機関を正常に動かす為に必要な物質で代謝や成長には重要な役割を果たします。

 

フェロモンは、体内で生成されたのちに体外に放出されて、これを感じ取った同種の個体で生物の生理的反応に影響します。

 

つまり、ホルモンは生きるために不可欠な物質で、生命活動にはこれが無ければいけないのです。

 

フェロモンは、自分ではなく相手方に影響を及ぼす物質であるという事になります。

 

フェロモンには、性・道標・集合・警報などいくつかの種類があります。一般的にフェロモンと言えば異性を引きつける性の事を言います。長年人間には、これらを感知する能力はないと考えられていました。

 

それは、言語を持たない動物の特有の感性だと考えられていたのです。しかし、20世紀後半には、人間にも感知能力がある事が分かったのです。人間のフェロモンは汗腺や生殖器から放出されます。それを鼻の先端で感知し視床下部が反応する事によって、行動に影響を及ぼす事が発見されたのです。

 

人間の第六感とはフェロモンの事ではないかと言われております。

 

ホルモンは、体内で生成されますがバランスが良く整っていると髪や肌にツヤが出てきます。

 

女性なら女性らしく男性なら男性らしい体つきになり魅力的に見えるのです。

 

ホルモンは体を内部から整えてくれ、それが良い状態であれば外見にも影響が出てくるという事になります。しかし、年齢を重ねるにつれてそのバランスも崩れてくる更年期になると今まで魅力的に見えていた方も、ちょっと違いが見えてきます。女性は男性ぽくなったりなど中身から変わってきます。

 

フェロモンもホルモンも元々は違いがある物質で働きも全く異なりますがもしかしたら似たような部分もあるのかもしれません。

 

あと、昔からよく言われることばで、水もしたたるいい女という言葉があります。これは、単に雨などに濡れて水がしたたっているというよりも、肌や目、髪に潤いのある女性のことをいいます。

 

でも加齢と共に肌や髪の水分量は減っていってしまいます。

 

そんな、成熟した女性におすすめのサプリはすっぽんサプリです。

 

すっぽんに含まれる豊富なコラーゲンやアミノ酸がアンチエイジングに一役買ってくれます、

 

おすすめはこちらでご紹介しています。

更新履歴