色気を感じさせる香水の選び方

 

色気を感じさせる香水の選び方のポイントには気を使いたいところです。

 

「製品に配合されている成分の確認」と「実際に使ってみてどうなのか」という二つのポイントがあります。

 

前者の「製品に配合されている成分の確認」についてですが、香水の匂いにも大量の種類があり、化学香料、天然香料、化学香料と天然香料の複合体と3つを挙げる事が出来ます。

 

化学香料の原料はもちろん、初めから香水の様な匂いを放つ成分を使っていないのです。

 

人口的に改良して、たくさんの匂いを生み出す事が可能となりますが、植物の匂いに似せる事が多いのです。

 

しかし、色気を出す為に使う香水は、芳香時間が長く続く方が良い場合があります。

 

匂いが長く続く方が、自己アピールしやすくなり、自分の魅力も主張をしやすくなる為、化学香料も役に立ちます。

 

続いて、次に天然香料ですが、これは植物、ハーブ、花といった自然から得られるエキス、エッセンシャルオイル、フローラルウォーターを指します。天然香料は化学香料とは違い、匂いが消えやすい特徴がありますが、ナチュラルに香らせる事が出来る上に、化学香料よりもたくさん成分を含んでいます。

 

どちらもメリットがあります。色気を感じさせる香水選びには、その製品にどんな香料が配合されているか、良く確認すべきです。

 

色気ある香水には、化学香料の他にも植物エキスやエッセンシャルオイルを配合している場合もあります。

 

化学香料には魅了する成分は含まれていないですが、天然香料には他人を魅了する成分を含んでいる物は少なくは無いのです。

 

サンダルウッドやバイオレット、アンゼリカのエッセンシャルオイルには他人を魅了する成分を含んでいます。

 

ですから、選び方のポイントは、化学香料と天然香料の複合体を使った製品が、自分の色気や魅力をアピール出来る良い物である可能性は高いのです。

 

最後に「実際に使ってみてどうなのか」というポイントですが、購入する前に匂いを試しに嗅いで、良いと思い、買った後です。

 

実際に使ってみて、回りの反応はどうなのかを気にする必要性があります。

 

匂いにも好みがはっきりと目立ちますから、使った後に相手や回りの反応はよく確認しておく事は、手に入れた香水を生かす為のポイントになります。